2020年1月29日水曜日

「頭痛ではない、頭が痛いだけ」みたいだな「桜で首相「募集でなく"募っている"認識」」

桜で首相「募集でなく"募っている"認識」
共産党・宮本議員「この文書は見たことはなかったけど、募集をしているということは、いつからご存じだったんですか」
安倍首相「私はですね、幅広く募っているという認識でございました。募集してるという認識ではなかったものです」
ちょっとwwwこれはさすがにひどくないか?募集ではなく募っているって、おんなじじゃん!

それ、「私はですね、頭が痛いという認識でございました。頭痛という認識ではなかったものです」って言ってるのと同じだからね!

この「桜を見る会」の件、そんなに追っているわけではないけど、さすがにひどいよね。素直に謝れないのか?謝ったら死ぬ病なのか?ニュース見るたびひどいなとこの件に関しては思うわ。



2020年1月28日火曜日

目黒のクレープ食べ放題La fete de fillesがまずそうとつぶやいた人に実名来店での謝罪要求で最悪

えっ、何このLa fete de filles(ラフェットドフィーユ)というクレープビュッフェをやっている目黒の食べ放題のお店、この口コミ見て、私の中で最悪の評判のお店になったわ。

まず最初にラフェットドフィーユの画像を見てまずそうとツイート。ここまでは個人の意見だと思う。ツイッターは食べログのように言論統制して悪い口コミが書けない媒体ではないわけだから。

それに対してラフェットドフィーユのお店の人が、お客が作ったクレープもあるので、投稿を削除してほしいとツイートした人にお願いをしている。まぁこれもお店の人のアクションとしては許容範囲だとは思う。

怖い話になるのはここからよ。

ツイートした人が冒頭のツイートを削除したところ、今度はお店の人が面と向かって話がしたいと、アカウント名と一緒に予約をして来てくれないかと要求。

これ、次のツイートで分かるんだけど、ラフェットドフィーユのお店の人は、このツイートの人の実名や電話番号、メアドなどの個人情報と紐付けようとしているんだよね。

しかもお越し頂けませんか?って、別にごちそうしてくれるわけでもなく、単に客として呼ぼうとしてるんだよね。

極めつけがこれよ!ご厚意でツイートを消してくれた人に対して、既にツイートを見た人に対してはどうしてくれるんだと対面での謝罪を要求。お店に来るか、もしくはお店の人が自宅に直接来るとか言ってるの!さらに謝罪をお店のインスタに上げる気らしい。

ちょっとこのLa fete de filles(ラフェットドフィーユ)ってお店の対応、ひどすぎない?

そもそもおいしそうもまずそうも、意見として言うのは自由だよね。別にこの人、ツイートを消す必要もないのに、厚意で消してくれたんだよ。

そしたらつけあがって個人情報要求の上の対面での謝罪要求だと!さすがにふざけんなって思ったわ。私の中でLa fete de filles(ラフェットドフィーユ)の評判は地に落ちたね。


2020年1月15日水曜日

吉野家の麻辣牛鍋がまずいに笑った「外食トップが他店の「まずいメシ」を匿名暴露!16選」

外食トップが他店の「まずいメシ」を匿名暴露!16選
口をつぐむ経営者はいたものの、さすがは食のプロ。外食経営者ならではの視点で、“問題”を感じたメニューを明かしてくれた。

 それでは、社長が本音で語る他店の「まずいメシ」について、回答コメント(ない場合もある)とともにお届けしよう。

なか卯の肉類、吉野家の麻辣牛鍋
うま味と煮込みが足りない。
これ見てて笑った。たしかに、吉野家の麻辣牛鍋食べたとき、あんまりおいしくないなと思ったんだよね。それをずばり指摘していて、さすが外食トップ、よく見てるなと思ったわ。あとこれね。

ケンタッキーフライドチキンのカーネリングポテト
既に元に戻ったのがその証左。
これもたしかにだわ。おいしくなかった。マックのポテトを見習ってほしい。

個人的にはあとガストは肉の品質が総じて低いと思うわ。あれなんとかならないのかね。


2019年12月28日土曜日

私が響け!ユーフォニアムを見なくなったのも全体主義価値観が気持ち悪かったから

あー、これ!そうそう、このツイート見て思い出したわ。私が響け!ユーフォニアムを見なくなった理由、まさにこれだわ!

全体主義的なやり方、見ててホント気分悪くなったわ。あの指揮者の先生が、大会目指すか楽しくやるか選べ、みたいな言い方で、大会目指す方に生徒に選ばせる形で言質を取るやり方、マジ胸糞悪かったわ。

なんか主人公もあのやり方を「ずるい」とか言ってたけど、登場人物に言わせたところでガス抜きになんないから。実質生徒に選択肢がない中で自分の意図通りの選択をさせるのホント気持ち悪い。

まぁただ、ああいうのが吹奏楽部のリアルなのかもしれないね。ホント無理なアニメだった。ましてや現実なんて、一切関わりたくないね。


2019年12月17日火曜日

オフロスキwさんの言う通りいきなりステーキは品質・価格・サービスを全て悪化させたんだよね

なんかいきなりステーキに関するツイートがバズってると思ったら、肉マイレージのトップランカーのオフロスキwさんじゃん。

私もいきなりステーキのゴールドカードユーザーで、数年前まではときどき通っていたから、お店に貼り出された肉マイレージのランキングで毎回圧倒的1位に名前があったこの人のことは覚えているよ。

いきなりステーキ一番の重課金者にこう言われて改善しないなら、もう終わりだろうね。

私がいきなりステーキに行かなくなった理由もまさに、品質・価格・サービスを全て悪化させたからなんだよね。

いつからだったか覚えてないけど、いきなりステーキが急拡大していた時期、何度か値上げしたんだよね。それで、それまで感じていたお得感がなくなってしまったのが行く頻度が落ちた理由の1つ。

で、もう1つの理由だけど、ゴールドカードの特典として、毎回サントリー黒烏龍茶を含むドリンクが無料でもらえたんだけど、その特典も悪化させたんだよね。

たしか、1回無料ドリンクの特典から、サントリー黒烏龍茶を外す発表をいきなりステーキはしたんだよね。

そのときにネットでものすごい反発があって、とあるユーザーの反発記事がものすごくバズったことがあった。

で、それを見た社長が、そのバズった記事のユーザーに連絡を取って、ステーキをごちそうし、サントリー黒烏龍茶を当面維持すると言ってくれて一旦騒動は沈静化したんだよ。

ところが、しばらくしていきなりステーキに行ったとき、サントリー黒烏龍茶はなくなっていて、代わりにあったのは、いきなりステーキのプライベートブランドの黒烏龍茶だったんだよね。

ゴールドカード特典のドリンク無料サービスの中で一番原価率が高かったのは、サントリー黒烏龍茶だったから、この原価を下げたかったんだろうね。

そうやって価格を上げ、品質やサービスを下げてきた、というのは、いきなりステーキによく行っていた人ほど分かる事実なのよ。

単に既存店売上が下がっただけで、全体の売上が伸び悩んでいるだけなら、いきなりステーキの苦境の原因は店舗出しすぎ問題、ということで説明が付くのだけど、全体の売上が大きく下がっている以上、店舗出しすぎ問題だけでは説明が付かないよね。

私もそうだし、かつていきなりステーキに通っていた既存客が、品質・価格・サービスの悪化により離れていったと見る方が妥当なように私には思える。



2019年12月14日土曜日

「いいTシャツ着てんじゃねぇかよ。ラブライブ!だろ、それ?」「これそうです。ラブライブ!です」

探検バクモンの中野ブロードウェイを散策したときの一コマ、度々見返したくなるわ。これ面白い。

太田「いいTシャツ着てんじゃねぇかよ。ラブライブ!だろ、それ?」
ゆるゆりヲタ「これそうです。ラブライブ!です」

2019年12月3日火曜日

えらてん氏の立花孝志凸動画の印象的な部分を一部書き起こし「年上の人間にな…」

えらてん氏の立花孝志凸動画で印象的な部分があったので一部書き起こしてみた。

1:37~
立花孝志「君な」
えらてん「うん、何?」
立花孝志「お前な」
えらてん「何だよ?」
立花孝志「年上の人間にな、そんなな(大声)」
えらてん「バカヤロー!お前高須と○✕にどういう口聞いてんだよ!お前(被せて大声)」
立花孝志「うるさいよ(小声)」
えらてん「高須さんにどういう口聞いてんだよ!」
立花孝志「何が高須さんや」
えらてん「柏市議選でどういう口聞いたんだお前、じいさんになぁ、おい!」
立花孝志「何やコラお前」
えらてん「何やお前」
立花孝志「やんのかコラ」
えらてん「やってみろよ」
立花孝志「やってみろよお前、殴ってたらやってみたらやり返したるから」
えらてん「殴るか」
ピコ次郎「高須さんがお前口の聞き方ねぇだろ」
えらてん「うるせえよ」
立花孝志「お前な公正な奴がそんな○✕なあんのか?」
えらてん「あるだろ?お前、柏市議選でお前どういう聞き方したんだよ?口の聞き方?大橋はどういう聞き方したんだよ?お前は」
立花孝志「お前に」
えらてん「大橋はおじいさんにどういう聞き方したんだ?お前は」
立花孝志「お前に言うてんねじゃ」
えらてん「あ?」
立花孝志「別な話どうでもええやろ?」
えらてん「お前がいつもやってる」
立花孝志「今目の前の人間に○✕○✕な人間なのか?」
えらてん「お前なんか全然尊敬に値しない人間だろ」
立花孝志「誰もそんな」
えらてん「うるせえよお前」
立花孝志「びびりすぎやねん」
えらてん「うるせえ」
立花孝志「震えすぎやろお前」
えらてん「だからどうした手くらい震えるわお前」
立花孝志「手ぐらい震えるのかお前、はよ医者行けよ」
えらてん「お前が医者行けよ」
(書き起こし終わり)

動画中にちょこっと出てくるピコ次郎ってのは立花孝志の支持者らしいね。

なんでこれを書き起こそうと思ったかというと、私が立花孝志を見限ったのが、まさにこの部分にまつわる一件が理由だからなんだよね。このシバターというユーチューバーの動画。

23:40~
シバター「そんな面倒な」
立花孝志「そりゃそうですよ。だってそんなのいちいち」
シバター「そんなじゃあ犯罪者みたいな奴らをお前は抱えてんのかよ」
立花孝志「いや、僕じゃないですよ。世の中にいるんでしょっつってんですよ」
シバター「いや、でもN国党」
立花孝志「ちょっと待って、ちょっといい、今シバターくんちょっと待ってよ、お前って何?」
シバター「え?」
立花孝志「あのね、年上の人間でしょ?僕、多分」
シバター「たぶん」
立花孝志「お前とかって言い方は君ちょっと、あまりにも失礼だよ」
シバター「失礼な人に、失礼な人に失礼なこと言って何が悪いんですか?」
立花孝志「だったらさ、ちゃんと君も住所や名前をね、公開したら?」
シバター「いや、公開したらって」
立花孝志「俺に教えたら、そんなね、君の名前も住所も知らない人間に俺お前とかって言われてこんなに懇切丁寧に、あなたの商売の味方までしてるのに、それをあなたお前って」
シバター「いや、そんな、住所も名前もググったら出てくるよ」
立花孝志「あのね、とりあえず、ここに関してはあなたを提訴したいと思うから住所と名前を教えてくれない?」
シバター「いや」
立花孝志「こんなのあなたの完全に営業に協力してるに過ぎないじゃん」
シバター「え、営業に協力」
立花孝志「だって、あのさあ、そこまで言うんだったらさあ、堂々としたら?」
シバター「何が?」
立花孝志「裁判所で決着付けたらいいじゃん。住所と名前を教えてくださいよ」
シバター「住所と名前はググれば出てくるって」
立花孝志「いや、別にググらなくてもあなたの方からちゃんと住所と名前を○✕してるでしょ?」
シバター「じゃあ後でドコモメールの方に送っておきますけれども」
立花孝志「も、ちゃんとじゃあ法廷で決めましょう。あなたがそこまでね、お前呼ばわりしてまで、そこまでしてお金を稼ぎたいんだったら」
シバター「違う。僕はね、お金が稼ぎたいんじゃないの。ね、アナウンスがあってもいいんじゃないですかってこう言いたいの」
立花孝志「あなたはそれをいいんじゃないんですか?って、しろよって強要されましたよね?」
シバター「え?」
立花孝志「これ今しろよって強要されましたよね、僕に」
シバター「強要になんのかな?」
立花孝志「なりますよ、しろよなんて言ったら。しかもお前とかっていう言葉を使ってね、しろよって言う、こんなの明らかな強要じゃないですか」
シバター「じゃあしてくれないんですか?」
立花孝志「僕は最初から、それは僕の方でお願いはできるけれども、止められないでしょって言ってるじゃないですか」
シバター「いや、でも、その、ごめんなさい、何回もね、」
(書き起こし終わり)

まさかのお前呼ばわりしただけで訴えるとか言い出したんだよね。つまり立花孝志は年下にお前呼ばわりという自分の気に入らないことをされただけで、裁判をちらつかせるような人であることが、この動画で明らかになったわけよ。

なので、それまでは、マツコ・デラックスを訴えるとか、それなりに正当性があるのかなと思っていたが、単に自分が気に入らないものがあったら理由つけてSLAPP訴訟をちらつかせ、脅迫しているだけの人なんだな、と気付き、一気に冷めたね。以降彼の動画は見なくなった。

で、えらてん氏の立花孝志凸動画のオーディオコメンタリーを見てたんだけど、彼は立花孝志の年下激昂パターンに対する対策と練習を予めしていたらしい。ウケるwww。

1:52~
「すぐ出てくるな。これね、練習したんだよ、うん。年上の人間にって言って、人黙っちゃうから、シバターさんとかさ。」
「年上の人間って言われたら、高須!って言い返すんだよ。」
「そう、柏市議選の話出してる」
(書き起こし終わり)

ということで、えらてん氏が言及しているのは、まさに私が立花孝志を見限ったシバターの動画のことだね。

今まで口論について、対策とか練習って発想がなかったから、これすごいなと思ったわ。

えらてん氏は立花孝志について、14年分の動画や書き込みを全て追ったらしいけど、立花孝志が年上年下というくだらない上下関係に固執する人間なことも把握してたんだろうね。

立花孝志の動画について見返すつもりはないのでソースは貼らないけど、爆笑問題の太田光氏が「立花!」って呼び捨てにしていることについて、太田氏について調べたら彼は年上だったのか、みたいなこと言ってたんだよね。

つまりもし太田氏が年下だったら呼び捨てを許さない的なメンタリティの持ち主ってことだね。

ぜひぜひ今後ともえらてん氏については、N国党解体に向けて頑張っていただきたいと思う。